将来は社員になりたい、そんな野望をもつあなたのための心得

HOME>正社員登用目的でアルバイトするなら

正社員登用目的でアルバイトするなら

正社員登用
いい年齢になってきて、アルバイトで続けていくのは不安。安定したお給料がもらいたい、社員になりたい。でも学歴や職歴に自信はないし、実際にどんな仕事をするのか募集要項だけではわかりづらい。
それならアルバイトからチャレンジして、社員登用を目指すのもありではないか?

①社員登用してもらえる制度のありなし

募集要項に「社員登用制度あり」とはっきり記載されている場合もあります。その場合は、面接で「社員登用制度について詳しく聞かせてもらえますか」と詳細を聞いてみましょう。
また、記載がなくても積極的に社員登用している会社というのはあります。面接時に「将来的には社員になりたいという意志があるのですが、社員登用のような制度はありますか?」と聞いてみるといいでしょう。ただ、相手はあくまでもアルバイトの採用が目的ですから、社員になりたい希望を強く言い過ぎても、面倒な人がきたと嫌がられる可能性もあります。途中で聞かれない限り、面接の最後にでも、さりげなく尋ねてみるようにしましょう。

②どんな人が社員登用されるのか

まず仕事ができることが一番です。ただ作業をするのではなく、目的意識を持って自発的に動いているか、環境になじんでいるか。自分から社員の仕事を巻き取っていくなどして、その会社にとって手放せない存在と思わせることが重要です。そうなれば、自然と「そろそろ社員になってもいいんじゃない?」といった声がかかってくるようになるでしょう。
どうすれば社員になれますか、何をすればいいですか、と聞いてばかりの人は煙たがられるだけです。聞かなくてもすべきことがわかる、そしてできる人が喜ばれます。

③なれるもなれないもタイミング次第?

その会社の業績が悪く、とても社員をとれないという状況があることも考えられます。社員登用制度はあれど、実際は希望も受け付けないということもあるでしょう。社員を増やせない分、アルバイトでまかなおうというケースだってあります。
また一方、いい人が応募してくるかもわからない採用広告を出すのにお金をかけるくらいなら、十分働いてくれているA君に社員になってもらえば話が早いというケースもあります。特に、一緒に仕事をしていた社員の辞職が決まるなど、急な引き継ぎが必要になった際に、それならば……と判断してくれることもあるでしょう。

サイトマップ免責事項
Copyright ©ザ・アルバイト劇場. All rights reserved.