派遣とアルバイトはどう違うのか?

HOME>派遣とアルバイトの違いって?

派遣とアルバイトの違いって?

派遣とアルバイトの違い
どちらも時給で働くのが基本ですが、派遣とアルバイトはどう違うのでしょう。
制度的な違い、実際の扱いの違いなどを確認してみましょう。

①派遣は派遣会社、アルバイトは直接の雇用契約

アルバイトは、働く先の企業と直接雇用契約を結ぶことになります。一方派遣は、派遣会社と雇用契約を結びます。従って派遣の場合、お給料の問題など相談事は派遣会社にするのが主です。
時給に関しては、一般的な参考賃金として、アルバイトは1,000円前後、派遣社員は1,500円以上という風になっています。

②派遣は契約期間が決まっている

派遣になって働けば、保険や年金、有給休暇などきちんと対応してくれるでしょう。アルバイトであれば、雇い主によります。
派遣の方が待遇がいいのなら、バイトより派遣の方がいいという話になるかもしれませんが、派遣は拘束時間がきっちり決まっていることが多く、また、即戦力として社員に近い働きを求められることもあります。そして、契約期間がきっちり決まっているため、契約更新時期になって「もういらない」と判断されると、それで勤務は終了となってしまいます。

③正社員を目指すなら

派遣から正社員になることも可能です。業種にもよりますが、3年以上働かせる場合は、直接雇用を申し入れなければならないといった決まりが適用されることがあります。ただし、正社員でなくアルバイトでも直接雇用です。3年で切られるということもありますし、やはり気に入られているかどうかが大事でしょう。アルバイトの正社員登用についてはこちらから。

サイトマップ免責事項
Copyright ©ザ・アルバイト劇場. All rights reserved.